社会・カルチャー青春小説の系譜

福島在住の僧侶作家が描く原発事故と男女の結びつき

鶴谷真 / 毎日新聞学芸部記者

 阿武隈高地の西裾に抱かれた福島県三春町の福聚寺(ふくじゅうじ)住職にして芥川賞作家の玄侑宗久(げんゆう・そうきゅう)さんの小説「竹林精舎」(朝日新聞出版)が今年1月、刊行された。

 東日本大震災の大津波で両親を失って出家し、僧侶となった27歳の宗圭(そうけい)が福島県の山間部の小さな寺に住職として赴き、寺の経営と自らの恋に挑む物語。青春の締めくくりの時期が描かれ、実にみずみずしいが、福島第1原発事故の爆発事故に伴う放射能が宗圭たちを悩ませる。

この記事は有料記事です。

残り1701文字(全文1924文字)

鶴谷真

鶴谷真

毎日新聞学芸部記者

1974年、神戸市出身。2002年毎日新聞社に入社し、岡山支局、京都支局を経て08年に大阪本社学芸部。13年秋から東京本社学芸部。文学を担当している。

イチ押しコラム

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
ベイルート港からレバノン山脈を望む。フェニキア語で白の意味の「レバン」からレバノンの名がついた。この山脈に降る雪を意味する(写真は筆者撮影)

レバノン首都ベイルート「中東のパリ」の今を見に行く

 ◇レバノン・ベイルート編(1) シリアとイスラエルという、ややこしい隣人に囲まれた小国・レバノン。1975年4月、東アジアでベト…

世界透視術
中国・北京の人民大会堂

中国富豪の転落死でネットに書かれた「七三死」の意味

 南仏プロバンスにある山村で7月3日、高さ10メートルほどの教会の石壁の上から中国人富豪が転落して死んだ。米誌「フォーチュン」の国…

職場のトラブルどう防ぐ?

「36協定」に署名を求められた32歳営業マンの不安

 A太さん(32)は、従業員数約20人の機械卸会社の営業マンです。2年ほど前に今の会社へ転職しました。職場の雰囲気にも慣れ、気持ち…

メディア万華鏡
秋篠宮家の長女・眞子さまと小室圭さん=2017年9月3日、代表撮影

「小室さん留学意向」の記事と新聞・週刊誌の皇室報道

 なんだろうと疑問が湧いた。毎日新聞6月29日朝刊の「小室さん 米留学意向 今夏にも 眞子さま婚約内定者」という記事を読んだときの…

知ってトクするモバイルライフ
キーを搭載した従来型携帯電話として発売される「インフォバーxv」

SNS疲れの人へガラケー型「auインフォバー」復活

 KDDIが、デザインを重視した携帯端末を送り出す「auデザインプロジェクト」を再始動させ、今秋に「インフォバーxv」を発売する。…