海外特派員リポート

欧州に寒波襲来 5年ぶり大雪にロンドンっ子大混乱

三沢耕平・欧州総局特派員(ロンドン)
  • 文字
  • 印刷
5年ぶりの大雪を記録した英国。地下鉄やバスの運行に大幅な遅れが出た=ロンドン市で2018年3月2日、三沢耕平撮影
5年ぶりの大雪を記録した英国。地下鉄やバスの運行に大幅な遅れが出た=ロンドン市で2018年3月2日、三沢耕平撮影

 春を間近にした欧州各地が記録的な寒さに包まれた。2月下旬に発生したシベリアからの寒波が原因で、記録的な大雪によって凍死するホームレスも続出。交通機関は大混乱となり、雪に弱い都市のもろさを露呈した。

 「こんな大雪を見るのは初めてかもしれない。これでは商売にならないね」。2月28日、5年ぶりの大雪となったロンドンのカフェを訪れると、経営者のウイリアムさん(58)が困った表情で語った。例年は屋外のテラス席が人気になるというが、この日は大雪のため客は皆無。「営業時間を短縮して早めに営業を終える」と話していた。

この記事は有料記事です。

残り1112文字(全文1366文字)

三沢耕平

欧州総局特派員(ロンドン)

1972年千葉県生まれ。明治大学法学部卒。98年毎日新聞社入社。松本、甲府支局を経て、2004年から経済部で財務省、日銀、財界などを取材。政治部にも在籍し、首相官邸、自民党などを担当した。16年10月から欧州総局特派員。