キャリアを築くヒント

「異動先で腐らない」自分のキャリアを捨てる覚悟

細川義洋・ITコンサルタント
  • 文字
  • 印刷

 3月になりました。新年度を前に異動の内示が行われた会社も多いでしょう。希望がかなう人もいれば、意に沿わない人や経験のない業務に初めてあたる人もいるはずです。新たなキャリアの始まりとなるわけですが、異動先で自分の力を発揮するためには、あえてこれまでの自分のキャリアを「捨てる」ことが大切です。今回は、そのことを教えてくれた部長の話を紹介します。

この記事は有料記事です。

残り1494文字(全文1666文字)

細川義洋

ITコンサルタント

1964年、神奈川県生まれ、立教大学経済学部経済学科卒。NECソフト(現NECソリューションイノベータ)、日本IBMでシステム開発やコンサルティングを行う。著書に「なぜ、システム開発は必ずモメるのか?」「IT専門調停委員が教える モメないプロジェクト管理77の鉄則」(日本実業出版社)などがある。