日産、神戸製鋼は何を間違えたのか

企業不正の重大性を認識できない経営者の“鈍感さ”

編集部
  • 文字
  • 印刷
対談イベント「企業不正と第三者報告書」ゲストの久保利英明弁護士(右)と今沢真・経済プレミア編集長
対談イベント「企業不正と第三者報告書」ゲストの久保利英明弁護士(右)と今沢真・経済プレミア編集長

イベント「企業不正と第三者報告書」(5)

 企業危機管理の第一人者、久保利英明弁護士と今沢真・経済プレミア編集長との対談イベント「企業不正と第三者報告書~日産、神鋼の不祥事に何を学ぶか」。参加した約130人から次々と質問の手が挙がった。詳報の最終回をお届けする。

 参加者の一人は「神戸製鋼所が不良品をどの社に納入したか、納入先の詳細は公表されていない。すべての納入先が、『我が社は大丈夫です』とか『こんな影響がありました』と公表して、サイトなどで一覧できればわかりやすいが、そのようにできない理由は?」と疑問を投げかけた。

 久保利弁護士は「神戸製鋼の不良品を使っているという“風評被害”を恐れて、『うちの名前は出さないでくれ』と望む会社もあると思う。社名だけを出すのは危険だが、安全性のチェックが終わり『回収しました』というような内容を一覧できる体制があるといいとは思う。いいアイデアだと思うが、実現はなかなか難しいかもしれない」と答えた。

この記事は有料記事です。

残り1526文字(全文1945文字)

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz