素顔の沖縄けいざい

東大の倍以上の予算をかけた沖縄「オイスト」の未来

渡部晶・沖縄振興開発金融公庫副理事長
  • 文字
  • 印刷
講堂に入場する修了生を拍手で迎える聴衆=写真はすべてOIST提供
講堂に入場する修了生を拍手で迎える聴衆=写真はすべてOIST提供

 沖縄本島の有数のリゾート地として知られる恩納村(人口約1万人)に、沖縄科学技術大学院大学のキャンパスがある。この大学は2011年11月、政府がスポンサーとなり特別法を根拠に私立大学として設立された。

 世界最高水準の科学技術の教育、研究を行うことにより、「沖縄の振興と自立的発展」と「世界の科学技術の発展」の二つに寄与することを目的としている。英語名は「Okinawa Institute of Science and Technology Graduate University」といい、略して「OIST」(オイスト)と呼ばれる。

 学部の壁のない組織で、学内の公用語は英語。学生・教員の半分以上は外国人だ。5年一貫制の博士課程のみ…

この記事は有料記事です。

残り1407文字(全文1723文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

渡部晶

沖縄振興開発金融公庫副理事長

1963年福島県生まれ。87年京都大学法学部卒、大蔵省(現財務省)に入省。福岡市総務企画局長、財務省地方課長兼財務総合政策研究所副所長、内閣府大臣官房審議官(沖縄政策担当)などを経て、17年6月から現職。沖縄をはじめ、地域振興の仕事に携わってきた。「月刊コロンブス」(東方通信社)で書評コラムを掲載中。