高齢化時代の相続税対策

80歳男性が家族で解決した長男への事業継承と相続

広田龍介・税理士
  • 文字
  • 印刷

 Iさん(80)は妻(83)、長女(58)、次女(54)、長男(51)の5人家族。若い時から苦労して事業を起こして成功し、大きな財を築いた。

 最近、奥さんが自宅で転んで足を骨折してから車いす生活となり、認知症も発症した。健康には自信があったIさんだが、自分もいつどうなるかと思い、相続対策の必要性を考えるようになった。

この記事は有料記事です。

残り1266文字(全文1425文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

広田龍介

税理士

1952年、福島県いわき市生まれ。85年税理士登録。東京・赤坂で広田龍介税理士事務所を開設。法人・個人の確定申告、相続税申告、不動産の有効活用などを中心に幅広くコンサルティング活動を続けている。相続税に関する講演やセミナーも開催している。