保険選びの相談室

「元本割れも」外貨建て終身保険の“魅力とリスク”

岩城みずほ・ファイナンシャルプランナー
  • 文字
  • 印刷

 A太さん(35)とB美さん(32)夫妻はともに会社員です。家計の手取り年収は約650万円で、子供はいません。先日マイホームを購入し頭金を支払った後も、約1000万円の貯蓄があります。現在の保険を見直すことにしたのですが、夫妻で意見が合わない部分があり、私のところに相談に来ました。

住宅購入を機に保険を見直し

 A太さん夫妻は住宅を購入し、ローンの債務者が死亡したり高度障害状態になったりした場合に残債がなくなる団体信用生命保険(団信)に加入しました。それを機に、現在の保険を見直そうと夫婦で大型の来店型保険代理店へ相談に行きました。代理店はテレビCMで知りました。「相談は何度でも無料。30社超の保険を取り扱い」とうたっていたので、自分たちに合う保険が見つかると考えたそうです。

 保険代理店では、それぞれ現在加入中のものより保障の充実した医療保険と、一時払いの外貨建て終身保険を…

この記事は有料記事です。

残り1561文字(全文1950文字)

岩城みずほ

ファイナンシャルプランナー

CFP認定者、オフィスベネフィット代表。NHK松山放送局を経て、フリーアナウンサーとして14年活動。その後会社員を経て2009年に独立。個人相談のほか、貯めると増やすの車座の会「C(貯蓄)リーグ」、良質なマネーの勉強会「サムライズ」主催。著書に「『保険でお金を増やす』はリスクがいっぱい」(日本経済新聞出版社)、「腹黒くないFPが教えるお金お授業」(三笠書房)などがある。