保険選びの相談室

「元本割れも」外貨建て終身保険の“魅力とリスク”

岩城みずほ・ファイナンシャルプランナー
  • 文字
  • 印刷

 A太さん(35)とB美さん(32)夫妻はともに会社員です。家計の手取り年収は約650万円で、子供はいません。先日マイホームを購入し頭金を支払った後も、約1000万円の貯蓄があります。現在の保険を見直すことにしたのですが、夫妻で意見が合わない部分があり、私のところに相談に来ました。

 A太さん夫妻は住宅を購入し、ローンの債務者が死亡したり高度障害状態になったりした場合に残債がなくなる団体信用生命保険(団信)に加入しました。それを機に、現在の保険を見直そうと夫婦で大型の来店型保険代理店へ相談に行きました。代理店はテレビCMで知りました。「相談は何度でも無料。30社超の保険を取り扱い」とうたっていたので、自分たちに合う保険が見つかると考えたそうです。

 保険代理店では、それぞれ現在加入中のものより保障の充実した医療保険と、一時払いの外貨建て終身保険を薦められました。医療保険は、保険料が現在より高額になるので加入を見送りましたが、A太さんは、一時払いの外貨建て終身保険に魅力を感じて加入を希望しています。一方、B美さんは説明を聞いてもよくわからず、「本当に大丈夫なのか?」と疑問に思っているそうです。

この記事は有料記事です。

残り1449文字(全文1950文字)

岩城みずほ

ファイナンシャルプランナー

CFP認定者、オフィスべネフィット代表、NPO法人「みんなのお金のアドバイザー協会(FIWA)」副理事長。金融商品の販売によるコミッションを得ず、中立的な立場で顧客の利益を最大限にするコンサルティングを実践し、講演や執筆活動も行っている。著書に「人生にお金はいくら必要か」(共著、東洋経済新報社)、「やってはいけない!老後の資産運用」(ビジネス社)などがある。