キャリアを築くヒント

怒鳴り声で面接官が引き出した応募者の“真の実力”

細川義洋・ITコンサルタント
  • 文字
  • 印刷

 4月になりました。新卒入社や転職で不安や期待を胸に新しい人生をスタートする人も多いでしょう。スタート直後に周囲との人間関係でつまずかないよう、私の経験談をお伝えします。私は数回転職した経験があり、転職活動中に面接で後に上司となる人にひどく怒鳴られたことが2度あります。

怒鳴りつけた面接官

 どちらも選考の最終段階で、入社後の配属先の部門長にあたる人との面接でした。1度目は、面接官だった部門長に「君はこの会社のために何ができる?」と問われました。私が「これまでのIT開発プロジェクトで経験した成功や失敗から、プロジェクトの品質改善を……」と答えているさなかに、部門長は突然声を荒らげて次のように言いました。

 「そんなフワフワした抽象論を聞いているんじゃない! 君が何を知っていて、当社の何に役立てようとして…

この記事は有料記事です。

残り1310文字(全文1663文字)

細川義洋

ITコンサルタント

1964年、神奈川県生まれ、立教大学経済学部経済学科卒。NECソフト(現NECソリューションイノベータ)、日本IBMでシステム開発やコンサルティングを行う。著書に「なぜ、システム開発は必ずモメるのか?」「IT専門調停委員が教える モメないプロジェクト管理77の鉄則」(日本実業出版社)などがある。