経済プレミア・トピックス

三菱マテリアル子会社の不正報告に見る「現場の崩壊」

編集部
  • 文字
  • 印刷
記者会見にのぞむ三菱マテリアルの竹内章社長(中央)ら=2018年3月28日、根岸基弘撮影
記者会見にのぞむ三菱マテリアルの竹内章社長(中央)ら=2018年3月28日、根岸基弘撮影

三菱マテリアル子会社の不正調査報告書(1)

 昨年11月に子会社3社の品質データ改ざんが発覚した三菱マテリアルが3月28日、最終報告書を公表した。不正が行われた子会社は5社に増え、そのうちの1社は、「現場の崩壊」を思わせるほど不正が多発し、当時の社長がそれを知りながら出荷を続けるといった驚くべき実態が報告された。

 この1社とは、三菱マテリアルの100%子会社、ダイヤメット(新潟市東区)だ。同社は1944年、三菱…

この記事は有料記事です。

残り1613文字(全文1819文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz