株主になったら

「お米にお菓子に食事券」株主優待だけで生活できる?

中西和幸・弁護士
  • 文字
  • 印刷
株主優待品として図書カードなどの金券を贈る企業も
株主優待品として図書カードなどの金券を贈る企業も

株主優待(1)

 株主優待の歴史は、1899(明治32)年に東武鉄道が実施したものが最も古い記録だそうです(ウェブサイト「NIKKEI STYLE」より)。また、「株主優待ガイド」(大和インベスター・リレーションズ)によると、株主優待を実施している会社は、1993年当時は283社(全上場会社の10.9%)だったのが、2017年には1368社(同36.7%)になっています。

 個人の株式投資と株主優待は、切っても切り離せない関係にあります。とくに最近は、配当金と株主優待を合…

この記事は有料記事です。

残り1244文字(全文1480文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

中西和幸

弁護士

1992年東京大学法学部卒。95年弁護士登録。上場企業の社外取締役、社外監査役を務め、企業法務に詳しい。共著に「会社役員の法務必携」(清文社)、「企業法務からみた株式評価とM&A手続き」(同)、「『社外取締役ガイドライン』の解説」(商事法務)、「企業不祥事インデックス」(同)など。