トランプ米大統領=2017年11月6日(代表撮影)
トランプ米大統領=2017年11月6日(代表撮影)

グローバルWorld Watch(ワールド・ウオッチ)

北朝鮮が「人間のクズ」と呼んだトランプ政権新補佐官

会川 晴之 / 毎日新聞北米総局長

 トランプ大統領は3月、ティラーソン国務長官を13日に、国家安全保障問題担当のマクマスター大統領補佐官を22日に相次いで解任した。後任には、国務長官がポンペオ中央情報局(CIA)長官、大統領補佐官は、ブッシュ(子)政権で国務次官などを務めたボルトン元国連大使が内定した。議会承認手続きが不要なボルトン氏は4月9日に就任、ポンペオ氏は12日に予定される議会公聴会で承認されれば就任する。

 トランプ政権は5月に外交・安保の一大イベントを控える。一つは、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝…

この記事は有料記事です。

残り1448文字(全文1690文字)

会川 晴之

会川 晴之

毎日新聞北米総局長

1959年東京都生まれ、北海道大学法学部卒、87年毎日新聞入社。東京本社経済部、政治部、ウィーン支局、欧州総局長(ロンドン)などを経て、2016年4月から現職。日米政府が進めたモンゴルへの核廃棄計画の特報で、11年度のボーン・上田記念国際記者賞を受賞。日本発の核拡散を描いた毎日新聞連載の「核回廊を歩く 日本編」で、16年の科学ジャーナリスト賞を受賞。著書に「核に魅入られた国家 知られざる拡散の実態」(毎日新聞出版)。