くらし保険選びの相談室

「持病あり」53歳女性が迷った割高医療保険の注意点

岩城みずほ / ファイナンシャルプランナー

 A美さん(53)は今年1月に離婚し、その後派遣社員として働き始めました。子供はおらず、年収は約200万円の見込みです。貯蓄が400万円ほどありますが、もし病気で入院した場合などの経済的な負担に不安を抱えています。

引き受け基準緩和型保険とは

 A美さんは、特に治療が長引くといわれているがんや心疾患、脳血管疾患の3大疾病になると仕事を失うリスクがあると考えています。また、高額療養費制度で医療費の自己負担分が一定額に抑えられても、A美さんの収入に対しては負担が大きいため、医療保険の加入を検討しています。ただ持病があり、「引き受け基準緩和型保険」にしか加入できません。どういう基準で保険を選べばよいかと、私のところに相談に来ました。

 引き受け基準緩和型保険とは、持病や入院歴があり契約時の審査に通らない場合でも、告知項目のいくつかに…

この記事は有料記事です。

残り1502文字(全文1867文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
岩城みずほ

岩城みずほ

ファイナンシャルプランナー

CFP認定者、オフィスベネフィット代表。NHK松山放送局を経て、フリーアナウンサーとして14年活動。その後セミナー講師、生命保険会社を経て2009年に独立。個人相談のほか、貯めると増やすの車座の会「C(貯蓄)リーグ」、良質なマネーの勉強会「サムライズ」主催。著書に「人生にお金はいくら必要か」(山崎元氏と共著・東洋経済新報社)などがある。

イチ押しコラム

職場のトラブルどう防ぐ?

「フルタイム希望」育休明けパートの処遇で現場混乱

 従業員約100人の製造会社の管理部門責任者、A男さん(52)は製造ラインのシフト調整を含む人員管理を主な役割としています。A男さ…

知ってトクするモバイルライフ
dポイントの会員数6500万人に

ドコモ「dポイント」リニューアルで利用者拡大戦略

 NTTドコモが自社のポイントサービス「dポイント」の仕組みをリニューアルする。ドコモの回線と結びついたプログラムから、単体で使え…

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
ティラナ市内の商業地区。四半世紀前まで鎖国していたとは思えないおしゃれな雰囲気(写真は筆者撮影)

藻谷氏が見たアルバニア 米国的消費社会化に突っ走る

 ◇旧ユーゴ諸国とアルバニア編(10) アルバニア。大阪の会社が日本で売るホワイトニングクリームとは無縁の、欧州で最も知られざる国…

メディア万華鏡
辞任を表明し、記者団の質問に答える財務省の福田淳一事務次官=2018年4月18日、渡部直樹撮影

財務省と大相撲に共通する「女性蔑視と差別」の意識

 平成も終わろうとしているのに、いまだにこんなことが、とショックを受けた。財務省の福田淳一事務次官が取材中の女性記者に「胸触ってい…

世界透視術
南浦市の金星トラクター工場で新型トラクターを運転する金正恩朝鮮労働党委員長(朝鮮中央通信・朝鮮通信)

南北会談で「金正恩氏をどう呼ぶか」の意外に重い問題

 さてもこのごろ、中国のさる片田舎の貧しい農家に地元のお役人が立ち寄り、ばあ様にこう告げたそうだ。 「おばあさん、大変だ。あした、…