切ない歌を探して

つらさ優しさ重ね合わせたル・クプル「ひだまりの詩」

森村潘・ジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷
「ル・クプル」活動休止後、ソロ活動を続ける藤田恵美さん(アワーソングス提供)
「ル・クプル」活動休止後、ソロ活動を続ける藤田恵美さん(アワーソングス提供)

 那覇の居酒屋で、「切ない歌」についてカウンターで知人や店の常連と話していたら、「うまくいえないんだけど、なぜかあの歌を聴くと切なくなります」と、30代の店のおにいさんが言う。それが「ひだまりの詩」だった。

 1997年、2人組のル・クプル(Le Couple)が大ヒットさせた、つらさと優しさを重ね合わせたような歌だ。「なぜか切ない」と彼が思ったのは、シンプルにきこえて実は奥が深いからだろう。

この記事は有料記事です。

残り1391文字(全文1588文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

森村潘

ジャーナリスト

大手新聞、雑誌編集などを経てコミュニティー紙の編集などに携わる。ジャンルを超えて音楽を研究、アメリカ文化にも詳しい。