保険選びの相談室

5人家族の大黒柱「死亡保障5000万円」は多すぎ?

岩城みずほ・ファイナンシャルプランナー
  • 文字
  • 印刷

 会社員のA郎さん(39)は、専業主婦の妻(34)と、長男(4)、次男(2)、長女(0)の5人家族です。自分に万一のことがあった場合に備え、長女の出産を機に保険金額5000万円の生命保険に加入しました。

 セールスパーソンから受けた説明に納得して加入したのですが、今は5000万円もの保険金額が必要なのか疑問を持っています。保険料が高く貯蓄が増えないからです。定年後を考えると、保険料を減らして貯蓄に回すべきではないかと思い直し、私のところに相談に来ました。

 A郎さんの手取り年収は約540万円で、現在の保険料は年約55万円です。可処分所得の約10%を保険料として支払っています。保険の保障は、死亡保障5000万円の他、医療保障や就業不能保障、介護保障がつく充実の内容です。保険を選ぶ決め手になったのが、セールス時に提示された保険設計書の「必要保障額」が約5000万円だったことです。

 必要保障額は、将来の「支出見込み額」から「収入見込み額」を引いたものです。支出見込み額は、一般的には「末子独立までの生活費」と「末子独立後の配偶者の生活費」に、子供の教育費、住居費、葬儀代などを加えた額です。収入見込み額は、配偶者の収入の他、公的保障や死亡退職金(企業保障)、預貯金などを足した額です。必要保障額を将来の「不足分」として、私的保険を買って補うべき「保険金額」が提示されます。

この記事は有料記事です。

残り1187文字(全文1774文字)

岩城みずほ

ファイナンシャルプランナー

CFP認定者、オフィスべネフィット代表、NPO法人「みんなのお金のアドバイザー協会(FIWA)」副理事長。金融商品の販売によるコミッションを得ず、中立的な立場で顧客の利益を最大限にするコンサルティングを実践し、講演や執筆活動も行っている。著書に「人生にお金はいくら必要か」(共著、東洋経済新報社)、「やってはいけない!老後の資産運用」(ビジネス社)などがある。