思いを伝える技術

ユーミンとパーマ大佐に教わる「感情より情景を描く」

川井龍介・ジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷
全日本スキー連盟主催のスノーアワードで「スノー文化功労賞」を受賞した松任谷由実さんと松任谷正隆さん=2017年5月18日、佐々木順一撮影
全日本スキー連盟主催のスノーアワードで「スノー文化功労賞」を受賞した松任谷由実さんと松任谷正隆さん=2017年5月18日、佐々木順一撮影

 デビュー45周年の記念ベストアルバム「ユーミンからの、恋のうた。」をこのほどリリースした松任谷由実さん。「無駄にオーラは使わない」というポリシーを裏付けするように、逆にこのタイミングを見計らってここぞとばかりにメディアに登場しています。

 そのプレゼンテーションの巧みさもさることながら、インタビューに答える話し方に感心しました。言葉を丁寧に選び、理路整然と終わりまで、そのまま文章になるようでした。

 なるほどと思ったのは、「感情より情景を描くようにする」という作詞するときの留意点です。「感情」を表…

この記事は有料記事です。

残り1348文字(全文1598文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

川井龍介

ジャーナリスト

1980年慶応大学法学部卒。新聞記者などを経てフリーのジャーナリスト、ノンフィクションライター。実用的な文章技術を説いた「伝えるための教科書」(岩波ジュニア新書)をはじめ「大和コロニー~フロリダに『日本』を残した男たち」(旬報社)、「フリーランスで生きるということ」(ちくまプリマ―新書)を2015年に出版。このほか「ノーノー・ボーイ」(ジョン・オカダ著、旬報社)の翻訳をてがける。