「セクハラ被害者バッシングを許さない!4.23緊急院内集会」に黒い服で参加した女性たち=衆院第1議員会館で2018年4月23日、中村かさね撮影
「セクハラ被害者バッシングを許さない!4.23緊急院内集会」に黒い服で参加した女性たち=衆院第1議員会館で2018年4月23日、中村かさね撮影

くらし育児サバイバル

「まるで昭和!」セクハラ次官に若者は絶望した

藤田結子 / 明治大商学部教授

 女性記者へのセクハラ発言疑惑が週刊誌で報じられた福田淳一財務事務次官について、多くのニュースや議論が伝えられています。平成も30年がたった今、「偉そうな男たちは昭和の時代から相変わらず、女の気持ちを分かろうとしないんだ」と、その底抜けの鈍感さに「深すぎるため息」をついた女性も多いことでしょう。

 今回は、テレビ局の女性記者が、取材相手である財務省の事務方トップに取材をするという状況でセクハラが起きました。これは特殊な世界の話で、自分に関係ないと思っていませんか。実は営業職、接客業、看護師、介護士など、「話を聞く」ことが仕事の一部の人には、誰でも起こり得るハラスメントです。

この記事は有料記事です。

残り2439文字(全文2728文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
藤田結子

藤田結子

明治大商学部教授

東京都生まれ。慶応義塾大を卒業後、大学院留学のためアメリカとイギリスに約10年間滞在。06年に英ロンドン大学で博士号を取得。11年から明治大学商学部准教授、16年10月から現職。専門は社会学。参与観察やインタビューを行う「エスノグラフィー」という手法で、日本や海外の文化、メディア、若者、消費、ジェンダー分野のフィールド調査をしている。4歳の男の子を子育て中。

イチ押しコラム

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
テロ事件の現場となった海岸沿いの遊歩道に供えられた花束(写真は筆者撮影)

テロの傷痕残る「ニース」国際観光地で知る社会の分断

 ◇モナコとニース編(3) 2017年5月。平和で賑やかなモナコ公国から、毎時2~3本あるフランス国鉄に乗って20分。ニースにやっ…

メディア万華鏡
批判を受けて撤去が決まった愛知県警の痴漢撲滅キャンペーン用ポスター=愛知県警提供

愛知「痴漢撲滅」ポスター撤去と安倍首相発言の道徳観

 あの人、逮捕されたらしいよーー愛知県警が痴漢撲滅を推進しようとして作製したポスターに対し、インターネットで「不適切だ」との書き込…

世界透視術
香港の繁華街で

香港「1国2制度」の風化と“天安門”を知らない世代

 6月4日、香港のビクトリア公園で「六四事件29周年」の追悼集会が開かれた。六四事件とは1989年、北京の天安門広場を占拠して民主…

職場のトラブルどう防ぐ?

塾講師アルバイトに「兼業禁止」の誓約書は有効か

 大学3年生のA太さん(21)は、この4月から個別指導塾の講師アルバイトを始めました。今後、就職活動や卒業論文の作成があり、短時間…

知ってトクするモバイルライフ
SIMフリースマホとして発売されるファーウェイの「P20」(右)と「P20ライト」(左)

「SIMフリースマホ」ファーウェイ追うモトローラ

 SIMフリースマートフォン市場が活況だ。同市場で約3割のトップシェアを持つファーウェイは6月11日、フラッグシップモデルの「P2…