死刑を求刑された裁判の最終弁論で判事や検事を罵る毛沢東夫人・江青氏=1980年12月29日(UPI)
死刑を求刑された裁判の最終弁論で判事や検事を罵る毛沢東夫人・江青氏=1980年12月29日(UPI)

グローバル世界透視術

毛沢東夫人の墓所で“手荒な監視”が解かれた理由

金子秀敏 / 毎日新聞客員編集委員

 清明節は二十四節気の一つで春分から15日目、今年は4月5日だった。中国では、この日に先祖の墓参りをする風習がある。

 「清明の時節、雨紛紛(ふんぷん)」で始まる有名な唐詩がある。道で春雨に降られ困った。雨宿りする居酒屋はないか。牛を引いている男の子にちょっと聞いてみよう。

 「借問(しゃもん)す 酒家はいずれのところにか有(あ)る? 牧童、遥(はるか)に指す杏花(きょうか)の村」

この記事は有料記事です。

残り1217文字(全文1407文字)

金子秀敏

金子秀敏

毎日新聞客員編集委員

1948年、東京都生まれ。東京外国語大学中国語学科卒。73年毎日新聞社に入社。横浜支局、政治部、北京支局、外信部副部長、香港支局長を経て、論説副委員長、論説室専門編集委員を歴任した。2014年から現職。中国や周辺各国の動向を日々チェックし、複雑な国際情勢のウラのウラを読む。