自動車不正リポート

「燃費検査で異常値」スバルの測定チームは何をしたか

編集部
  • 文字
  • 印刷
国交省の奥田哲也自動車局長(手前)に調査報告書を提出するスバルの吉永泰之社長=2018年4月27日、藤渕志保撮影
国交省の奥田哲也自動車局長(手前)に調査報告書を提出するスバルの吉永泰之社長=2018年4月27日、藤渕志保撮影

スバルの燃費改ざん報告書(1)

 自動車大手、SUBARU(スバル)は4月27日、燃費や排ガス検査のデータを書き換えていた問題に関する調査報告書を国土交通省に提出した。主力車種のフォレスター、インプレッサ、レガシィなど、生産するすべての車種(9車種)で不正が行われ、903台でデータが改ざんされていた。報告書で「極めて悪質」と認定された不正行為がどのようなものか、まず報告する。

この記事は有料記事です。

残り1434文字(全文1622文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz