ニッポン金融ウラの裏

「支店長」が目標だった銀行員の“働き方”が変わる

編集部
  • 文字
  • 印刷
「銀行員はどう生きるか」を出版した金融ジャーナリストの浪川攻さん=2018年4月19日撮影
「銀行員はどう生きるか」を出版した金融ジャーナリストの浪川攻さん=2018年4月19日撮影

「銀行員はどう生きるか」浪川攻さんに聞く(3)

 銀行が人員削減や支店改革といった激変期を迎え、銀行員の人事制度も変わらざるをえない状況だ。生き残るために、銀行員は何をしたらいいのか。「銀行員はどう生きるか」(講談社現代新書)の著者、浪川攻さんへのインタビューの最終回をお届けする。【聞き手、経済プレミア編集長・今沢真】

 --これまでは、銀行員の大きな目標は支店長でした。一国一城の主だと。「役員にはなれなくても支店長に…

この記事は有料記事です。

残り1802文字(全文2011文字)

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz