自動車不正リポート

「経営責任」で会長兼CEOになるスバル社長の不思議

編集部
  • 文字
  • 印刷
記者会見冒頭で頭を下げるスバルの吉永泰之社長=2018年4月27日、根岸基弘撮影
記者会見冒頭で頭を下げるスバルの吉永泰之社長=2018年4月27日、根岸基弘撮影

スバルの燃費改ざん報告書(2)

 SUBARU(スバル)で発覚した燃費や排ガス検査データの改ざんは、群馬県内にある同社2工場の排出ガス測定係の先輩から後輩に引き継がれてきた。同社は4月27日、この問題の調査報告書を公表し、吉永泰之社長が記者会見を行った。その質疑のなかで記者から「不正は組織ぐるみか」と問われた。その答弁を紹介する。

この記事は有料記事です。

残り1540文字(全文1705文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz