財務省の福田淳一事務次官(当時)=2018年4月16日、佐々木順一撮影
財務省の福田淳一事務次官(当時)=2018年4月16日、佐々木順一撮影

社会・カルチャーメディア万華鏡

財務次官セクハラ報道で感じた「二つの大きな変化」

山田道子 / 毎日新聞紙面審査委員

 財務省の福田淳一前事務次官の女性記者に対するセクハラ報道で大きな二つの変化を感じた。

 一つは、セクハラを受けたテレビ朝日の女性記者が「セクハラの事実を同社で報じるべきではないか」と上司に相談したこと。「全ての女性が働きやすい社会になってほしい」とも話したという(毎日新聞4月19日朝刊)。

 女性記者が録音データを持ち込んだ週刊新潮の5月3・10日号(4月25日発売)は、彼女が相談相手に送った次のようなメールを報じた。

 「『#MeToo』が根付かない中で、(レイプ被害を訴えた)伊藤詩織さんの件は、証拠がなかったために…

この記事は有料記事です。

残り1208文字(全文1468文字)

山田道子

山田道子

毎日新聞紙面審査委員

1961年東京都生まれ。85年毎日新聞入社。浦和支局(現さいたま支局)を経て社会部、政治部、川崎支局長など。2008年に総合週刊誌では日本で一番歴史のあるサンデー毎日の編集長に就任。総合週刊誌では初の女性編集長を3年半務めた。その後、夕刊編集部長、世論調査室長を経て15年5月から現職。

イチ押しコラム

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
ベイルート港からレバノン山脈を望む。フェニキア語で白の意味の「レバン」からレバノンの名がついた。この山脈に降る雪を意味する(写真は筆者撮影)

レバノン首都ベイルート「中東のパリ」の今を見に行く

 ◇レバノン・ベイルート編(1) シリアとイスラエルという、ややこしい隣人に囲まれた小国・レバノン。1975年4月、東アジアでベト…

世界透視術
中国・北京の人民大会堂

中国富豪の転落死でネットに書かれた「七三死」の意味

 南仏プロバンスにある山村で7月3日、高さ10メートルほどの教会の石壁の上から中国人富豪が転落して死んだ。米誌「フォーチュン」の国…

職場のトラブルどう防ぐ?

「36協定」に署名を求められた32歳営業マンの不安

 A太さん(32)は、従業員数約20人の機械卸会社の営業マンです。2年ほど前に今の会社へ転職しました。職場の雰囲気にも慣れ、気持ち…

メディア万華鏡
秋篠宮家の長女・眞子さまと小室圭さん=2017年9月3日、代表撮影

「小室さん留学意向」の記事と新聞・週刊誌の皇室報道

 なんだろうと疑問が湧いた。毎日新聞6月29日朝刊の「小室さん 米留学意向 今夏にも 眞子さま婚約内定者」という記事を読んだときの…

知ってトクするモバイルライフ
キーを搭載した従来型携帯電話として発売される「インフォバーxv」

SNS疲れの人へガラケー型「auインフォバー」復活

 KDDIが、デザインを重視した携帯端末を送り出す「auデザインプロジェクト」を再始動させ、今秋に「インフォバーxv」を発売する。…