経済プレミアインタビュー

「ゴールは95歳」 逆算から考える老後資金運用術

編集部
  • 文字
  • 印刷
フィデリティ退職・投資教育研究所所長の野尻哲史さん
フィデリティ退職・投資教育研究所所長の野尻哲史さん

「老後の生活設計」の第一人者 野尻哲史さんに聞く(1)

 人生100年時代。長い老後を考えれば、いつか生活資金に行き詰まる「老後難民」への不安もつきまとう。現役時代から老後資金をどうやって準備し、引退後どう取り崩していくのかは大きな課題だ。「老後の生活設計」についてフィデリティ退職・投資教育研究所所長の野尻哲史さん(59)に聞いた。【聞き手、経済プレミア編集部・渡辺精一】

この記事は有料記事です。

残り1922文字(全文2108文字)

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz