政治・経済週刊エコノミスト・トップストーリー

固定資産税は適正か 高すぎると感じたら評価額を疑え

エコノミスト編集部

 大型連休が終わり、土地や家屋を持つ人や事業者には今年も、市町村(東京23区は東京都)から固定資産税の納税通知書や課税明細書が届いているころかもしれない。固定資産税は適正に課されているのか。週刊エコノミスト5月15日号の巻頭特集「固定資産税を疑え!」からダイジェストでお届けする。

“言い値”で払わされていないか

 納税通知書には「税額」が、課税明細書には課税のもとになる土地や家屋の「価格」(評価額)が記載されている。この税額や評価額を見て、その計算過程まで知っている人は多くはない。固定資産税は市町村が評価額や税額を決めるため、納税者が疑問を持たない限り、いわば“言い値”で納めなければならない税金だ。評価額や税額が誤っていても、納税者が自ら気づかなければ、誤った状態が半永久的に続く。

 評価額についての疑問があれば、不服を訴えられるのは3年に1度だけ。今年はその3年に1度の「評価替え…

この記事は有料記事です。

残り1846文字(全文2239文字)

エコノミスト編集部

エコノミスト編集部

藤枝克治編集長率いる経済分野を中心として取材、編集するチーム。経済だけでなく社会、外交も含め幅広く取材する記者の集団であり、各界の専門家にコラムや情報提供を依頼する編集者の集団でもある。