経済プレミア・トピックス

「失敗しても成功せよ」YKK会長が語る黒部活性化

中村智彦・神戸国際大学教授
  • 文字
  • 印刷
黒部市にある「パッシブタウン」=2018年3月14日、田中学撮影
黒部市にある「パッシブタウン」=2018年3月14日、田中学撮影

富山県黒部市 YKKの「まちづくり・住まいづくり」(4)

 YKKのファスニングとYKK APの建材の両事業を中核とするYKKグループが、製造・開発拠点の富山県黒部市で一企業として「まちづくり・住まいづくり」に取り組むのはなぜなのか。YKKとYKK APの会長兼最高経営責任者(CEO)を務める吉田忠裕氏(71)の声も交えながら、理由を探る。

この記事は有料記事です。

残り1793文字(全文1963文字)

中村智彦

神戸国際大学教授

1964年、東京都生まれ。88年、上智大学文学部卒業。96年、名古屋大学大学院国際開発研究科博士課程修了。外資系航空会社、シンクタンクで勤務。大阪府立産業開発研究所、日本福祉大学経済学部助教授を経て、現職。専門は中小企業論と地域経済論。中小企業間のネットワーク構築や地域経済振興のプロジェクトに数多く参画し、TBS系「坂上&指原のつぶれない店」にも出演。