地域活性化の挑戦者たち

岩手・花巻「昭和な大食堂」地元に愛された復活劇

櫻田弘文・クエストリー代表取締役
  • 文字
  • 印刷
「マルカンビル大食堂」の名物である高さ25センチの10段ソフトクリーム=筆者提供
「マルカンビル大食堂」の名物である高さ25センチの10段ソフトクリーム=筆者提供

 童話作家・宮沢賢治の生誕地として知られる岩手県花巻市には、地元の人たちが愛してやまない「マルカンビル大食堂」がある。高さ25センチの10段ソフトクリーム、ナポリタンとトンカツを合わせた「ナポリかつ」などが名物で、連日にぎわっている。ただ、この大食堂は2016年6月に閉鎖され、17年2月に再開した経緯がある。

この記事は有料記事です。

残り1815文字(全文1970文字)

櫻田弘文

クエストリー代表取締役

1955年山梨県生まれ。日本大学卒業後、78年に販売促進の企画・制作会社に入社。2001年、クエストリーを設立して独立。中小企業経営者向けの「クエストリー・ブランディングクラブ」を主宰する他、数多くの専門店や飲食店のブランディングを実践的に指導している。