高齢化時代の相続税対策

親子4世帯マンション 相続対策の「思わぬ効果」

広田龍介・税理士
  • 文字
  • 印刷

 Yさん(85)には妻と3人の息子がいる。15年前、東京都心一等地の住宅地に所有する396平方メートル(120坪)の敷地に4階建てマンションを建築、1階にYさん夫婦、2~4階は1フロアごとに息子家族がそれぞれ住むことになった。Yさんは一つのマンションの中に家族がそろう理想的な生活環境ができたと喜んでいた。

この記事は有料記事です。

残り1593文字(全文1746文字)

広田龍介

税理士

1952年、福島県いわき市生まれ。85年税理士登録。東京・赤坂で広田龍介税理士事務所を開設。法人・個人の確定申告、相続税申告、不動産の有効活用などを中心に幅広くコンサルティング活動を続けている。相続税に関する講演やセミナーも開催している。