切ない歌を探して

マイク真木「バラが咲いた」モダンフォークの先駆け

森村潘・ジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷
「バラが咲いた」のシングルレコード=2016年4月13日、松田嘉徳撮影
「バラが咲いた」のシングルレコード=2016年4月13日、松田嘉徳撮影

 日本でフォークソングがはやりはじめた1960年代後半、「バラが咲いた」は象徴的な歌だった。66年、新人のマイク真木がギターを弾き語りかけるように歌う姿はすがすがしく、優しいメロディーとさわやかな歌詞が曲の清廉なイメージを膨らませた。

 フォークブームのなかで音楽がそれほど得意でない者もギターを買いだした時代、この曲はシンプルなコード進行と歌いやすさで、最初の練習曲として取り上げられたものだった。

この記事は有料記事です。

残り1475文字(全文1674文字)

森村潘

ジャーナリスト

大手新聞、雑誌編集などを経てコミュニティー紙の編集などに携わる。ジャンルを超えて音楽を研究、アメリカ文化にも詳しい。