シニア市場の正体

「不仲のシニア夫婦」関係をつなぎとめるペットの存在

梅津順江・株式会社ハルメク 生きかた上手研究所所長
  • 文字
  • 印刷

 私が所属する「ハルメク 生きかた上手研究所」では2018年1月下旬から、全国の60~70代の既婚男女437人に「夫婦関係」に関するアンケートと聞き取り調査を実施しました。シニア女性向け情報誌「ハルメク」で特集記事を制作するためです。今回は、このアンケート結果の概要と聞き取り調査の事例をお伝えします。

 アンケートでは、「配偶者との関係に満足していますか?」という質問に65.3%が「とても満足」「やや満足」と回答しました。一方、「あまり満足していない」「まったく満足していない」は13%でした。男女別では、男性61%、女性68.8%が「満足」で、6割以上が良好な夫婦関係を築いていることがわかりました。

 今回はアンケートの他に聞き取り調査も行いました。「満足」と答えた男女8人と、「不満」の男女8人の計16人から話をうかがいました。すると、夫婦が不満をためて不仲になるきっかけと、不仲を乗り越えるヒントが見えてきました。

この記事は有料記事です。

残り1370文字(全文1781文字)

梅津順江

株式会社ハルメク 生きかた上手研究所所長

大阪府生まれ。杏林大学社会心理学部卒業後、ジュジュ化粧品(現・小林製薬)入社。ジャパン・マーケティング・エージェンシーを経て、2016年3月から現職。主に50歳以上のシニア女性を対象にインタビューや取材、ワークショップを行っている。著書に、「この1冊ですべてわかる 心理マーケティングの基本」(日本実業出版社)などがある。