海外特派員リポート

「外資規制を段階的撤廃」中国自動車市場で何が起きる

赤間清広・毎日新聞経済部記者
  • 文字
  • 印刷
派手な展示で人気を集めた米大手フォード・モーターのブース=北京モーターショーで2018年4月25日、赤間清広撮影
派手な展示で人気を集めた米大手フォード・モーターのブース=北京モーターショーで2018年4月25日、赤間清広撮影

 世界最大の自動車市場・中国が揺れている。「追い風」と「逆風」が同時に吹き付け、先行き不透明感が強まっているためだ。

 「追い風」は習近平国家主席が主導する市場開放政策だ。

 習氏は4月10日、中国・海南省で開かれたボアオ・アジアフォーラムで演説し「中国の改革開放は歴史的要求に順応するものだ」と強調。市場開放に向け「重大措置を講じる」と宣言した。

 その目玉となるのが、自動車分野の外資出資規制の撤廃だ。

この記事は有料記事です。

残り1520文字(全文1720文字)

赤間清広

毎日新聞経済部記者

 1974年、仙台市生まれ。宮城県の地元紙記者を経て2004年に毎日新聞社に入社。気仙沼通信部、仙台支局を経て06年から東京本社経済部。霞が関や日銀、民間企業などを担当し、16年4月から中国総局(北京)。20年秋に帰国後は財務省を担当しながら、面白い経済ニュースを発掘中。