キャリアを築くヒント

「望まない異動先」期間限定でやりきることの大切さ

細川義洋・ITコンサルタント
  • 文字
  • 印刷

 会社で仕事をしていれば、必ずしも自分の望まない業務をせざるを得ない時期があるでしょう。私自身は、IT(情報技術)の技術者としてIT企業に入社したものの、営業部に異動となり、悩んだ経験があります。

 私の会社では同じ時期に、営業部の技術力強化という方針のもと、多くの技術者が営業部へ異動を命じられました。気に染まない異動を命じられた同僚たちは同志のようになり、今でも時々会って話をします。当時はみんな、営業の仕事と自分の気持ちにどのように折り合いをつけるか悩んでいました。

 その中で、最もシンプルに自分を納得させていたのが、私より2歳下の後輩でした。

この記事は有料記事です。

残り1173文字(全文1447文字)

細川義洋

ITコンサルタント

1964年、神奈川県生まれ、立教大学経済学部経済学科卒。NECソフト(現NECソリューションイノベータ)、日本IBMでシステム開発やコンサルティングを行う。著書に「なぜ、システム開発は必ずモメるのか?」「IT専門調停委員が教える モメないプロジェクト管理77の鉄則」(日本実業出版社)などがある。