夏モデル全11機種を発表したドコモ
夏モデル全11機種を発表したドコモ

IT・テクノロジー知ってトクするモバイルライフ

ドコモ夏商戦 ファーウェイ10万円高機能スマホに注目

石野純也 / ケータイジャーナリスト

 夏商戦に向け、ドコモが新たなスマホを発表した。中でも注目を集めたのが、約5年ぶりの採用になる、中国・ファーウェイ製の「P20プロ」だ。以前はソニーのエクスペリアや、韓国・サムスン電子のギャラクシーに人気が集中していたが、世界市場で着々とシェアを伸ばすファーウェイが、これに待ったをかけた格好だ。

 P20プロは、ファーウェイが3月にフランス・パリで発表した最上位モデル。老舗カメラメーカーのライカと組み、背面に三つのカメラを備えているのが特徴だ。モノクロとカラーのカメラを一緒に使って精細で鮮やかな写真を撮れるほか、3倍ズーム用のカメラも搭載した。ソフトウェアで補正を加え、5倍相当まで劣化の少ないズームができる。価格は本体は約10万円、月々サポートを適用した割引価格で約5万7000円と、少し値がはる。

この記事は有料記事です。

残り1348文字(全文1700文字)

石野純也

石野純也

ケータイジャーナリスト

1978年、静岡県生まれ。慶応義塾大学総合政策学部卒。2001年、宝島社に入社。当時急速に利用者数を伸ばしていた携帯電話関連のムック編集に携わる。05年には独立してフリーランスのジャーナリスト/ライターに転身。通信事業者、携帯電話メーカー、コンテンツプロバイダーなどを取材、幅広い媒体に原稿を執筆する。業界動向を記したビジネス書から、端末の解説書まで著書も多い。