スキル・キャリア思いを伝える技術

「清楚な字」を書く人は「雰囲気も清楚」なのか?

川井龍介 / ジャーナリスト

 字はうまいにこしたことはありません。ワープロが世に出てきてずいぶんたち、手書きは激減しました。それでも手書きがなくなることはありません。就活の際の履歴書や公的な申請書などは手書きを要求されることが多いですし、領収書の宛先や封書の宛名、急ぎの伝言のメモなど、手書きの需要はあります。

 入社2年目のあるメーカーの会社員は、最近きれいな字を書くことの大切さを痛感しました。

 「私たちの世代は、手書きの字がうまいとか下手とかあまり気にならないんですが、上司が同期の社員の字を…

この記事は有料記事です。

残り1501文字(全文1735文字)

川井龍介

川井龍介

ジャーナリスト

1980年慶応大学法学部卒。新聞記者などを経てフリーのジャーナリスト、ノンフィクションライター。実用的な文章技術を説いた「伝えるための教科書」(岩波ジュニア新書)をはじめ「大和コロニー~フロリダに『日本』を残した男たち」(旬報社)、「フリーランスで生きるということ」(ちくまプリマ―新書)を2015年に出版。このほか「ノーノー・ボーイ」(ジョン・オカダ著、旬報社)の翻訳をてがける。