くらし人生に必要な「おカネの設計」

「老後不安を解消」必要貯蓄率で計画的に資金をためる

岩城みずほ / ファイナンシャルプランナー

 会社員で独身のA代さん(52)は、将来の年金生活の備えになると言われて「外貨建て個人年金保険」を勧められて加入を検討しています。老後の10年間に年約10万円を受け取れる保険です。

 ですが、A代さんは、この個人保険では老後の資金の“足し”にはなるものの、不安なく生活するための根本的な解決にはならないと考え、「老後に困らないためにはどのくらいのお金をためればよいか」と私のところに相談に来ました。今回は、老後のためにお金をためる目安となる「必要貯蓄率」を紹介します。

この記事は有料記事です。

残り1656文字(全文1889文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
岩城みずほ

岩城みずほ

ファイナンシャルプランナー

CFP認定者、オフィスベネフィット代表。NHK松山放送局を経て、フリーアナウンサーとして14年活動。その後セミナー講師、生命保険会社を経て2009年に独立。個人相談のほか、貯めると増やすの車座の会「C(貯蓄)リーグ」、良質なマネーの勉強会「サムライズ」主催。著書に「人生にお金はいくら必要か」(山崎元氏と共著・東洋経済新報社)などがある。

イチ押しコラム

知ってトクするモバイルライフ

楽天モバイル「スーパーホーダイ」リニューアルの中身

 個人向けの格安スマホでシェア1位の楽天モバイルが、新料金プランを発表した。データ通信や音声通話の定額プランがセットになった「スー…

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
テロ事件の現場となった海岸沿いの遊歩道に供えられた花束(写真は筆者撮影)

テロの傷痕残る「ニース」国際観光地で知る社会の分断

 ◇モナコとニース編(3) 2017年5月。平和で賑やかなモナコ公国から、毎時2~3本あるフランス国鉄に乗って20分。ニースにやっ…

メディア万華鏡
批判を受けて撤去が決まった愛知県警の痴漢撲滅キャンペーン用ポスター=愛知県警提供

愛知「痴漢撲滅」ポスター撤去と安倍首相発言の道徳観

 あの人、逮捕されたらしいよーー愛知県警が痴漢撲滅を推進しようとして作製したポスターに対し、インターネットで「不適切だ」との書き込…

世界透視術
香港の繁華街で

香港「1国2制度」の風化と“天安門”を知らない世代

 6月4日、香港のビクトリア公園で「六四事件29周年」の追悼集会が開かれた。六四事件とは1989年、北京の天安門広場を占拠して民主…

職場のトラブルどう防ぐ?

塾講師アルバイトに「兼業禁止」の誓約書は有効か

 大学3年生のA太さん(21)は、この4月から個別指導塾の講師アルバイトを始めました。今後、就職活動や卒業論文の作成があり、短時間…