東芝問題リポート

覚悟なき“お飾り”社外取締役は役に立たない

編集部
  • 文字
  • 印刷
「東芝問題~社外取締役は役割を果たしたか」ゲストの中島茂弁護士(左)と今沢真・経済プレミア編集長
「東芝問題~社外取締役は役割を果たしたか」ゲストの中島茂弁護士(左)と今沢真・経済プレミア編集長

 対談イベント「東芝問題~社外取締役は役割を果たしたか」で登壇した中島茂・弁護士(中島経営法律事務所代表)は、多くの企業の顧問弁護士を務めるほか、社外取締役・監査役の経験も豊富だ。イベント詳報の4回目は、今沢真・経済プレミア編集長の質問に答え、中島弁護士が指摘する社外取締役に必要な「技術」や「覚悟」を紹介する。

 中島弁護士は現在、3社の社外取締役・監査役を務めている。基本的な仕事は取締役会への出席と、議題に対して賛否・適否の判断をすることだ。議題になる事項は、担当者から事前に説明を受け、自分なりの問題意識を持って取締役会に出席し、発言するという。

 説明を受けるだけだと、取締役会で議題が採決されるときに「なんとなく」賛成してしまう。このため、「現場に行きたい」「事業担当者と話をしたい」などと要求し、現場で工場長や技術者、営業部隊の人たちと話をするようにしており、そのことがとても大事だという。

この記事は有料記事です。

残り1005文字(全文1405文字)

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz