週刊エコノミスト・トップストーリー

信越化学に昭和電工…世界トップ素材メーカーの強み

エコノミスト編集部
  • 文字
  • 印刷
シリコンウエハー(右)とスライス前のインゴット(信越化学工業提供)
シリコンウエハー(右)とスライス前のインゴット(信越化学工業提供)

 日本の素材・化学メーカーが今、絶好調だ。世界でも際立つ強さの理由は何か。週刊エコノミスト6月5日号の巻頭特集「最強!ニッポンの素材・化学」よりダイジェストでお届けする。

好業績・上方修正が相次いだ決算

 信越化学工業が4月27日に発表した2018年3月期連結最終利益は、前期比51%増の2662億円と10年ぶりに過去最高益を更新した。営業利益ベースで、主力の「塩ビ・化成品セグメント」が前年度比75%増、「半導体シリコンセグメント」が同66%増だった。同社は、窓枠や上下水管、建物外壁など、さまざまなインフラの原料となる塩化ビニール、半導体デバイスの材料であるシリコンウエハーでいずれも世界シェアトップだ。

 昭和電工は5月9日、18年1~6月期の業績予想を上方修正し、連結の営業利益予想を410億円から68…

この記事は有料記事です。

残り1846文字(全文2198文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

エコノミスト編集部

藤枝克治編集長率いる経済分野を中心として取材、編集するチーム。経済だけでなく社会、外交も含め幅広く取材する記者の集団であり、各界の専門家にコラムや情報提供を依頼する編集者の集団でもある。