トランプ米大統領=2017年11月6日、岩下毅撮影
トランプ米大統領=2017年11月6日、岩下毅撮影

グローバル世界透視術

米朝会談 もう記念コイン!? トランプ政権のゆるい感覚

金子秀敏 / 毎日新聞客員編集委員

 6月12日に予定されていたトランプ米大統領と金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の米朝首脳会談が取りやめだの延期だのと、もめ始めた。その折も折の5月22日、「ホワイトハウス通信局が『米朝首脳会談記念コイン』を発行した」というニュースが流れた。

 「時期尚早だ」と米メディアから批判されたホワイトハウスの報道官は「記念コイン製造はホワイトハウスと関係ない」と釈明したが、関係ないでは済まない。

この記事は有料記事です。

残り1077文字(全文1275文字)

金子秀敏

金子秀敏

毎日新聞客員編集委員

1948年、東京都生まれ。東京外国語大学中国語学科卒。73年毎日新聞社に入社。横浜支局、政治部、北京支局、外信部副部長、香港支局長を経て、論説副委員長、論説室専門編集委員を歴任した。2014年から現職。中国や周辺各国の動向を日々チェックし、複雑な国際情勢のウラのウラを読む。