キャリアを築くヒント

“IT音痴”文系人間がシステム部門で活躍できたワケ

細川義洋・ITコンサルタント
  • 文字
  • 印刷

 AI(人工知能)、IoT(モノのインターネット)、RPA(ロボットによる業務自動化)といったIT(情報技術)用語を目にする機会が増えています。IT関連の仕事をしない人には、うっとうしいかもしれませんが、今では経費精算や各種申請などでITの仕組みが現場に導入されるケースも増え、使わざるを得ないことも多いでしょう。

 ときには門外漢なのに「IT導入プロジェクトに参加しろ」と言われるケースもあります。また、ある日、自…

この記事は有料記事です。

残り1231文字(全文1438文字)

細川義洋

ITコンサルタント

1964年、神奈川県生まれ、立教大学経済学部経済学科卒。NECソフト(現NECソリューションイノベータ)、日本IBMでシステム開発やコンサルティングを行う。著書に「なぜ、システム開発は必ずモメるのか?」「IT専門調停委員が教える モメないプロジェクト管理77の鉄則」(日本実業出版社)などがある。