マネー・金融ニッポン金融ウラの裏

「ATM共同化や事務委託」銀行がやっと検討を始めた

浪川攻 / 金融ジャーナリスト

 銀行業界で事務・管理業務の共同化や外部委託の拡大によるコスト削減への検討が始まっている。手始めに、メガバンクで現金自動受払機(ATM)の共同化の検討に着手する動きが表面化した。こうした動きは地域金融機関にも波及する見通しで、人材派遣やコールセンター、さらには事務センターといった事務部門全体に広がる可能性がある。

この記事は有料記事です。

残り1252文字(全文1409文字)

浪川攻

浪川攻

金融ジャーナリスト

1955年、東京都生まれ。上智大学卒業後、電機メーカーを経て、金融専門誌、証券業界紙、月刊誌で記者として活躍。東洋経済新報社の契約記者を経て、2016年4月、フリーに。「金融自壊」(東洋経済新報社)など著書多数。