知ってトクするモバイルライフ

アップルがiPhoneのOSを一新 目新しさより満足度

石野純也・ケータイジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷
基調講演に登壇したティム・クックCEO
基調講演に登壇したティム・クックCEO

 アップルは米カリフォルニア州サンノゼで6月4日(現地時間)、世界開発者会議(WWDC)を開催。基調講演でティム・クック最高経営責任者(CEO)ら幹部が、iPhone、iPad、アップルウオッチ、マックの基本ソフト(OS)の新バージョンを発表した。

 iPhone、iPadに搭載される基本ソフトは、「iOS 12」となる。同OSは、過去のiPhoneの性能向上にも力が入れられており、iPhone 6sではアプリの起動が40%速くなるという。

 アップルが過去のiPhone対策にも力を入れるのは、アップデート率の高さがあるからだ。昨年9月に「…

この記事は有料記事です。

残り1468文字(全文1739文字)

石野純也

ケータイジャーナリスト

1978年、静岡県生まれ。慶応義塾大学総合政策学部卒。2001年、宝島社に入社。当時急速に利用者数を伸ばしていた携帯電話関連のムック編集に携わる。05年には独立してフリーランスのジャーナリスト/ライターに転身。通信事業者、携帯電話メーカー、コンテンツプロバイダーなどを取材、幅広い媒体に原稿を執筆する。業界動向を記したビジネス書から、端末の解説書まで著書も多い。