東芝問題リポート

東芝を率いる車谷会長は「歴史に残る経営者」になるか

編集部
  • 文字
  • 印刷
新入社員を前にあいさつする東芝の車谷暢昭会長=2018年4月2日、和田大典撮影
新入社員を前にあいさつする東芝の車谷暢昭会長=2018年4月2日、和田大典撮影

「東芝と銀行」対談イベント(2)

 経済プレミアのイベント「東芝問題~銀行は役割を果たしたか」は、「銀行出身のトップが率いる東芝の行方」を最初のテーマとして対談に入った。ベテラン金融記者の布施太郎・ロイター通信特別編集委員と今沢真・経済プレミア編集長は東芝の将来をどう見ているのか。イベント詳報の第2回をお届けする。

 4月に東芝会長兼最高経営責任者(CEO)に就任した車谷暢昭(くるまたに・のぶあき)氏は、昨年5月ま…

この記事は有料記事です。

残り1257文字(全文1464文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz