職場のトラブルどう防ぐ?

評判の洋食店がスタッフ問題で存続危機に陥った事情

井寄奈美・特定社会保険労務士
  • 文字
  • 印刷

 A男さん(38)は、洋食店のオーナーシェフです。1年前に独立し、念願だった自分の店をオープンしました。店の運営は順調でしたが、右腕だったホールリーダーのB子さん(32)が退職したことで、店の存続が危うくなり、困り果てています。

理想の店作りで意気投合

 A男さんは調理師学校を卒業後、ホテルで経験を積み、宴会場のある大規模店で料理長も務めました。その後、知り合いの小さな洋食店に転職し、独立を見据えて店の運営ノウハウを学んでいました。B子さんは、そこで一緒に働いていたホールスタッフでした。気が利き、新人スタッフの教育係も任されていました。

 A男さんは、道具の片付け、顧客や業者へのあいさつ、店舗の清掃などの基本を大切にしていました。これら…

この記事は有料記事です。

残り1768文字(全文2087文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

井寄奈美

特定社会保険労務士

大阪市出身。2015年、関西大学大学院法学研究科博士前期課程修了。現在、大阪大学大学院法学研究科博士後期課程在籍中(専攻:労働法)。01年、社会保険労務士資格を取得。会計事務所勤務などを経て06年4月独立開業。井寄事務所(大阪市中央区)代表。著書に『トラブルにならない 小さな会社の女性社員を雇うルール』(日本実業出版社)など。http://www.sr-iyori.com/