社会・カルチャーベストセラーを歩く

自分の命をかけて行動した「大西郷」とは何者か

重里徹也 / 文芸評論家、聖徳大教授

 NHK大河ドラマの影響で西郷隆盛がブームになっているが、この人ほどわかりにくい人物は日本史上でも珍しいのではないか。大久保利通は随分と輪郭が明快なのに、西郷は底知れない雰囲気が漂い、そのイメージが一つに収まらない印象を受ける。

 磯田道史の「素顔の西郷隆盛」(新潮新書)が売れているのも、西郷とはどういう人物なのか、端的に教えてほしいと思う読者が多いからだろう。この本はそんな思いに応えるように、俊英の歴史家らしい筆で、簡潔にわかりやすく西郷を描いている。

 まず、西郷を生んだ薩摩の土壌から書き起こされる。ここで印象的だったことを二つ挙げよう。一つは具体的…

この記事は有料記事です。

残り1313文字(全文1591文字)

重里徹也

重里徹也

文芸評論家、聖徳大教授

1957年、大阪市生まれ。大阪外国語大(現・大阪大外国語学部)ロシア語学科卒。82年、毎日新聞に入社。東京本社学芸部長、論説委員などを歴任。2015年春から聖徳大教授。著書に「文学館への旅」(毎日新聞社)、共著に「村上春樹で世界を読む」(祥伝社) などがある。

イチ押しコラム

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
バルパライソ名物のアセンソール(屋外エレベーター)片道15円ほどの気軽な乗り物(写真は筆者撮影)

チリ・バルパライソ 壁画の街で過ごした魅惑の時間

 ◇チリ・サンティアゴとバルパライソ編(4) 2017年3月初旬。飛行機の予約ミスで生じた空き時間に、チリ・サンティアゴから日帰り…

知ってトクするモバイルライフ
iPhone XS、XSマックスと同じく9月21日に発売されたアップルウオッチ「シリーズ4」

アップルウオッチ4「大画面で薄く進化」緊急通報も

 アップルウオッチの4世代目となる「シリーズ4」が9月21日、iPhone XS、XSマックスと同時に発売された。「シリーズ3」か…

職場のトラブルどう防ぐ?

パートの休憩問題で「労基署から指導」管理部長の窮地

 A雄さん(48)は、従業員数約230人の食品スーパーの管理部長です。ある店舗のパート従業員の休憩時間について労働基準監督署から是…

ニッポン金融ウラの裏
東京証券取引所=2015年5月8日、関口純撮影

日本の取引所の国際競争力が高まらないウラ事情

 わが国の資本市場をめぐっては解決が先送りされたままに置かれている課題が少なくない。そのひとつが証券取引所の「国際競争力」である。…

メディア万華鏡
韓国旅客船セウォル号の沈没事故を報じる2014年4月17日付の毎日新聞東京朝刊

日本で「モリカケ映画」は? 米韓映画人が見せる底力

 「世の中が変わった時に真実が明かせるようにこの映画を作りました」。304人の死者・行方不明者を出した2014年の韓国旅客船セウォ…