王宮横の迷路状の旧市街ではリゾート客がみやげ物を物色(写真は筆者撮影)
王宮横の迷路状の旧市街ではリゾート客がみやげ物を物色(写真は筆者撮影)

グローバル藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」

モナコ「金持ち白人国家」の成り立ちと生きる道

藻谷浩介 / 地域エコノミスト

モナコとニース編(2)

 幅数百メートル、長さ4キロ、面積2平方キロの極小の公国・モナコ。賑わう旧市街地の街路を王宮に向けて上りながら、通行人がほぼ白人で、フランスの町では普通に歩いている黒人も、髪を隠したムスリム女性も、非常に少ないことに気が付く。この奇妙な国家はどう運営されており、その存立基盤は何なのか。

この記事は有料記事です。

残り3035文字(全文3189文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
藻谷浩介

藻谷浩介

地域エコノミスト

1964年山口県生まれ。平成大合併前の約3200市町村のすべて、海外90カ国を私費で訪問し、地域特性を多面的に把握する。2000年ごろから地域振興や人口問題に関して精力的に研究、執筆、講演を行う。著書に「デフレの正体」「里山資本主義」ほか多数。国内の鉄道(鉄軌道)全線を完乗した鉄道マニアでもある。

イチ押しコラム

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
テロ事件の現場となった海岸沿いの遊歩道に供えられた花束(写真は筆者撮影)

テロの傷痕残る「ニース」国際観光地で知る社会の分断

 ◇モナコとニース編(3) 2017年5月。平和で賑やかなモナコ公国から、毎時2~3本あるフランス国鉄に乗って20分。ニースにやっ…

メディア万華鏡
批判を受けて撤去が決まった愛知県警の痴漢撲滅キャンペーン用ポスター=愛知県警提供

愛知「痴漢撲滅」ポスター撤去と安倍首相発言の道徳観

 あの人、逮捕されたらしいよーー愛知県警が痴漢撲滅を推進しようとして作製したポスターに対し、インターネットで「不適切だ」との書き込…

世界透視術
香港の繁華街で

香港「1国2制度」の風化と“天安門”を知らない世代

 6月4日、香港のビクトリア公園で「六四事件29周年」の追悼集会が開かれた。六四事件とは1989年、北京の天安門広場を占拠して民主…

職場のトラブルどう防ぐ?

塾講師アルバイトに「兼業禁止」の誓約書は有効か

 大学3年生のA太さん(21)は、この4月から個別指導塾の講師アルバイトを始めました。今後、就職活動や卒業論文の作成があり、短時間…

知ってトクするモバイルライフ
SIMフリースマホとして発売されるファーウェイの「P20」(右)と「P20ライト」(左)

「SIMフリースマホ」ファーウェイ追うモトローラ

 SIMフリースマートフォン市場が活況だ。同市場で約3割のトップシェアを持つファーウェイは6月11日、フラッグシップモデルの「P2…