キャリアを築くヒント

評価されない不満は目の前の仕事の実績で解消する

細川義洋・ITコンサルタント
  • 文字
  • 印刷

 キャリアアップを目指す上で、資格や語学などのスキル、広い人脈や情報網、コミュニケーション力やリーダーシップを身に着けておくことは大切です。では、こうした自分の“武器”になり得る能力は、自分が好きでやっている仕事と嫌いな仕事のどちらで得られるでしょうか。

 好きな仕事で次々と腕を磨き、他者から評価されれば、それに越したことはありません。ただ、嫌いな仕事に携わることになったからといって、そこで得られる能力はないとは言えません。

この記事は有料記事です。

残り1104文字(全文1317文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

細川義洋

ITコンサルタント

1964年、神奈川県生まれ、立教大学経済学部経済学科卒。NECソフト(現NECソリューションイノベータ)、日本IBMでシステム開発やコンサルティングを行う。著書に「なぜ、システム開発は必ずモメるのか?」「IT専門調停委員が教える モメないプロジェクト管理77の鉄則」(日本実業出版社)などがある。