マンション・住宅最前線

東京・住吉 TSUTAYAとコラボした大型共用棟

櫻井幸雄・住宅ジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷
「メイツ深川住吉」の共用棟は吹き抜け図書スペースを中心に約1万冊の蔵書を収める(完成予想図)
「メイツ深川住吉」の共用棟は吹き抜け図書スペースを中心に約1万冊の蔵書を収める(完成予想図)

 本を読みながらコーヒーが楽しめる「ブック&カフェ」スタイルの店舗を展開し、本を通じたさまざまな生活提案を打ち出しているTSUTAYA(ツタヤ)が、不動産会社とコラボレーション(協業)し、マンションの共用施設をつくった。

海外大学の「美しい図書館」を連想

 マンションは、名鉄不動産が都内江東区で分譲を開始する「メイツ深川住吉」。TSUTAYAがマンション内のライブラリー(図書スペース)を手がけたケースはこれまでもあった。だが、大型の共用施設をまるごとコラボレーション参画するのは初めてで、期待も膨らむ。インパクトは大きく、資料請求が殺到。年初からゴールデンウイークまでの請求数は2500件以上にのぼった。

 「メイツ深川住吉」は全444戸の大規模マンションで住宅棟は四つに分かれる。共用施設は住宅棟からは独…

この記事は有料記事です。

残り1340文字(全文1692文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

櫻井幸雄

住宅ジャーナリスト

1954年生まれ。年間200物件以上の物件取材を行い、首都圏だけでなく全国の住宅事情に精通する。現場取材に裏打ちされた正確な市況分析、わかりやすい解説、文章のおもしろさで定評のある、住宅評論の第一人者。毎日新聞、日刊ゲンダイで連載コラムを持ち、週刊ダイヤモンドでも定期的に住宅記事を執筆。テレビ出演も多い。近著は「不動産の法則」(ダイヤモンド社)。