サイバー攻撃の脅威

仏国際放送局が「半日マヒ」したサイバー攻撃の手口

松原実穂子・NTTチーフ・サイバーセキュリティ・ストラテジスト
  • 文字
  • 印刷

狙われるメディア(1)

 政治、経済、安全保障など日々のニュースを知るために欠かせないマスコミも、サイバー攻撃の対象となっており、時には業務継続に支障が出ることもある。

 2015年4月8日午後10時ごろ、フランスの国際放送局がイスラム過激派組織を名乗るグループからの大規模なサイバー攻撃を受け、系列の11局で放送ができなくなった。また、ウェブサイトやソーシャルメディアのアカウントも攻撃にあい、この過激派組織のロゴやメッセージが掲載された。メールも使えなくなった。

 この放送局は、世界200以上の国と地域で放送しており、視聴世帯数は世界で2億5700万世帯に上って…

この記事は有料記事です。

残り1389文字(全文1670文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

松原実穂子

NTTチーフ・サイバーセキュリティ・ストラテジスト

早稲田大学卒業後、防衛省で9年間勤務。フルブライト奨学金により米ジョンズ・ホプキンス大学高等国際問題研究大学院で修士号取得。その後、米シンクタンク、パシフィックフォーラムCSIS(現パシフィックフォーラム)研究員などを経て現職。国内外で政府、シンクタンクとの意見交換やブログ、カンファレンスを通じた情報発信と提言に取り組む。