シニア市場の正体

「夜の屋形船イベント」がシニア夫婦に人気の理由

梅津順江・株式会社ハルメク 生きかた上手研究所所長
  • 文字
  • 印刷
屋形船の船内で三味線奏者が演奏=ハルメク提供
屋形船の船内で三味線奏者が演奏=ハルメク提供

 シニア女性向け情報誌「ハルメク」では、読者参加型イベントを定期的に行っています。その中で、2017年に開始し、これまで4回開催した「屋形船イベント」が人気です。毎回30~50人の定員を上回る申し込みがあります。

 参加者は午後4時30分に東京駅に集合し、バスで乗船場まで移動。船内では、落語家と三味線奏者がにぎやかに盛り上げる中、おいしい食事を堪能できます。東京タワーやレインボーブリッジの夜景、建設中の五輪選手村などの景色を眺めながら約2時間を過ごします。夜遊びとも言えますが、午後8時には解散する気軽なイベントです。

 このイベントは、妻が夫を伴って2人で参加するケースが多いという特徴があります。昼間の人気イベントに…

この記事は有料記事です。

残り1543文字(全文1853文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

梅津順江

株式会社ハルメク 生きかた上手研究所所長

大阪府生まれ。杏林大学社会心理学部卒業後、ジュジュ化粧品(現・小林製薬)入社。ジャパン・マーケティング・エージェンシーを経て、2016年3月から現職。主に50歳以上のシニア女性を対象にインタビューや取材、ワークショップを行っている。著書に、「この1冊ですべてわかる 心理マーケティングの基本」(日本実業出版社)などがある。