メディア万華鏡

愛知「痴漢撲滅」ポスター撤去と安倍首相発言の道徳観

山田道子・毎日新聞紙面審査委員
  • 文字
  • 印刷
批判を受けて撤去が決まった愛知県警の痴漢撲滅キャンペーン用ポスター=愛知県警提供
批判を受けて撤去が決まった愛知県警の痴漢撲滅キャンペーン用ポスター=愛知県警提供

 あの人、逮捕されたらしいよーー愛知県警が痴漢撲滅を推進しようとして作製したポスターに対し、インターネットで「不適切だ」との書き込みが相次ぎ、炎上したという。このニュースをテレビの情報番組で見た時、「やっぱり問題でしょう」と思った。

 6月1日から愛知県内のJR、私鉄、地下鉄の駅などに掲示されたポスターは、右側に男性が描かれ、中央に「あの人、逮捕されたらしいよ。」との見出しがある。左側には、女性2人が無料通信アプリでやり取りする形で「性犯罪者じゃん」「仕事もクビになるよね~」「一生関わりたくない」などと書かれている。

この記事は有料記事です。

残り1208文字(全文1468文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

山田道子

毎日新聞紙面審査委員

1961年東京都生まれ。85年毎日新聞入社。浦和支局(現さいたま支局)を経て社会部、政治部、川崎支局長など。2008年に総合週刊誌では日本で一番歴史のあるサンデー毎日の編集長に就任。総合週刊誌では初の女性編集長を3年半務めた。その後、夕刊編集部長、世論調査室長を経て15年5月から現職。