マンション・住宅最前線

子育て世帯に人気高い「マンション居住者専用」の庭

櫻井幸雄・住宅ジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷
居住者専用の中庭があるマンション
居住者専用の中庭があるマンション

 マンションにおける共用の庭は、居住者以外の立ち入りに制限があるかどうかで大きく二つのタイプに分かれる。正式名はないが、あえて名付けるとすれば、制限のあるものが「プライベートタイプ」、制限のないものは「パブリックタイプ」となるだろう。

使い勝手に大きな差

 子育て世帯から支持されているのはプライベートタイプのほうだが、全体に占める割合は小さく、多くはパブリックタイプだ。この二つは使い勝手に大きな差があり、その違いを知っておくことはマンション選びのポイントになる。

 プライベートタイプは、マンション居住者専用の庭で、建物やフェンスで囲われ、庭に入るにはオートロック…

この記事は有料記事です。

残り1152文字(全文1433文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

櫻井幸雄

住宅ジャーナリスト

1954年生まれ。年間200物件以上の物件取材を行い、首都圏だけでなく全国の住宅事情に精通する。現場取材に裏打ちされた正確な市況分析、わかりやすい解説、文章のおもしろさで定評のある、住宅評論の第一人者。毎日新聞、日刊ゲンダイで連載コラムを持ち、週刊ダイヤモンドでも定期的に住宅記事を執筆。テレビ出演も多い。近著は「不動産の法則」(ダイヤモンド社)。