キャリアセンター ここだけの話!?

「面接はクールビズでOK」を信じていいのか就活生

都内・某共学大進路指導担当
  • 文字
  • 印刷

 5月末から6月中旬にかけて、全国各地が梅雨入りし、雨模様の日が続くなどしているが、次第に暑さが増し、就活生にとっては厳しい時期を迎える。

 猛暑の戸外から、ギンギンに冷房が利いているビルの中に入ると、体調を崩すこともあるので、私たち大学の就活担当職員は学生に対して、健康管理に気を付けるよう呼びかけている。就活大詰めの時期に夏風邪でも引いたりしたら、元も子もなくなる。

 「売り手市場」の中で、すでに内定をもらっている学生は、リクルートスーツを脱ぎ捨て、早くも夏休みの旅行の計画を立てている。しかし、就活継続中の学生はそうはいかない。面接での採用担当者のちょっとした言葉遣いに一喜一憂し、汗をかきかき企業訪問をして、眠れぬ夜を過ごしている。

この記事は有料記事です。

残り917文字(全文1236文字)

都内・某共学大進路指導担当

東京都内の共学の大学の「キャリアセンター」に勤めるベテラン大学職員。大学生の就職活動の支援や、進路指導を担当している。